アフィリエイト実践編

目安時間:約 4分


 

おいしいキーワードを見つける必須のウエブ上のサービス
 

1、おいしいキーワードを見つけるにはインターネット上のキーワードサーチ系のサービスを使うのが一般的です。

2、おいしいキーワードを見つけるのに欠かせないのがキーワードアドバイスツールです。キーワード毎に月間検索回数をデーター表示してくれるサービスです。しかしこのオーバーチュアーのサービスは終了ということです。ここで紹介するサービスはGoogleが提供するキーワードツールとgooが提供するgooキーワードグラフです。

3、Googleが提供するキーワードツールはAdWordsに出稿している広告主がAdWordsで出稿するキーワードを登録する際に利用する、キーワードを選定するための支援ツールです。画面に調べたいキーワードを入力すると、該当するキーワードの先月の検索ボリューム数が表示されます。

 

Google キーワードプランナーの使い方

 

4、検索ボリューム数とは、実際にユーザーが検索している回数を5段階表示させたもので、Googleの最新統計情報を元に算出されています。

5、稼げるキーワード「自動車保険」「英会話」のような稼げるキーワードは企業やトップアフィリエイターが抑えているのでお勧めできません、その点、ニュースや雑誌などに取り上げられたことによってニーズが高まったキーワードは、誰も手をつけていない可能性がありますから、ある意味スピード勝負になります。こういった話題性のあるキーワードをいち早く見つけて、サイトを作成するというのは、これからアフィリエイトを始める方にとっては最も有効な手段だと思います。

 


 

おいしいキーワードを探し出す方程式
 
1、アフィリエイト商材選び:無料系のアフィリエイト商材。

>「資料請求」「転職」「学校」「保険」「投資」のなかで「資格」系は比較的ライバルが少ない。また資料請求のアフィリエイトは資格取得講座やスクールの資料請求プログラムで、1回700円から1500円くらいになります。

2、テーマ選び:マイナーなテーマを選ぶ。

>ここではマイナーなものを選択する、理由として「税理士」「簿記」「社労士」といった有名な資格は、ライバルサイトが多いため、検索エンジン上位表示の難易度が高いからです。マイナーな資格のなかに「移動式クレーン運転士」等があります。

3、検索回数チェック:キーワードツール

>検索回数をチェックする、キーワードの検索ボリュームをチェックする。

4、競争度チェック:表示回数&上位表示サイト

>競争度のチェック(ここでいう競争度というのは検索エンジンで上位表示させるための競争を示します)Googleで競争度をチェックする、「移動式クレーン運転士 試験」と入力して検索すると右上に競争度の数値が表示されている。300,000以下はオイシイ、それ以上は競争度は大変となります。

5、総合判断

>移動式クレーン運転士」の場合検索ボリューム数は少ないが上位表示はさせやすい。

>成果が出やすい資料請求系のアフィリエイトがあること。

>「移動式クレーン運転士」というキーワードの質が高いこと。

>以上のことから、取り組むべきキーワードは「移動式クレーン運転士」としました。

 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ